三潴薬品

  • #エステ
  • #健康
  • #薬品・漢方
筑後市西牟田4330-1(マミーズ西牟田店内)
0942-53-6628
漢方でできること、ご存知ですか?
様々な検査や治療法を試してもなかなか結果が出ない…「何がいけないの?」と
自分自身を責め過ぎてはいませんか?まずは専門家にご相談下さい。
Q.不妊とは?
A.「7組に1組が不妊で悩んでいる」と言われている現代。健康な男女が、赤ちゃんを望み定期的に夫婦生活がある場合、1年以内に約8割の方が妊娠されています。日本では、1年経っても妊娠しない場合を“不妊症”と定義しています。不妊の原因は男女ともに半々。お互いに問題がある場合もあります。

Q.不妊かなと思ったら?
A.妊娠は、①順調な生理、②元気な卵胞の発育と排卵、③卵管の通過、④元気な精子と受精、⑤受精卵の分割、⑥着床環境などの条件をクリアし、始めて成立します。「もしかして不妊…?」と感じたならば、30代前半で1年、中盤以降ならば6ヵ月をメドにご夫婦で専門機関での検査をされてみてください。
一人ひとりの体調や問題に応じた、漢方での妊娠準備もお役に立てると思います。

Q.元気な赤ちゃんを授かるには?
A.卵子の老化への認識は深まりつつありますが、精子も老化します。男性の年齢上昇に伴い、パートナーの妊娠率の低下や流産・死産率の上昇などが報告されています。女性は35才から、男性も35~40才頃徐々に妊孕力(にんようりょく)が低下。また、流産は全妊娠の約15%に見られ、珍しいことではありません。流産を繰り返しているのであれば、漢方で2人の身体を調え、安胎法で赤ちゃんを守ることをおすすめします。
東洋医学では、体調や生理・基礎体温などから状態を読み取りますので、まずは基礎体温をつけてみましょう!
“妊娠力の向上”が成功へのキーポイント!
医師が最高の医療を提供して下さったとしてもご自身の妊娠力が低いままでは、なかなか成功には結びつきません。「質の良い卵子が取れない」、「胚が着床しない」、「精子に問題がある」など治療の行き詰まりから“東洋医学”の門を叩く方も少なくありません。漢方では身体を妊娠しやすく調え、不妊治療をサポートします。採卵の約3~4ヵ月前から周期調節法で身体づくりをされ、十分に妊娠力を高めてから臨まれた方は、良い結果が得られています。まずは、ご相談ください。
最終更新日:2019/12/12※お店の情報は、anapple掲載時の内容です。最新の情報はお店にお問い合わせ下さい。
基本データ
登録日 : 2015年03月23日
店舗名 三潴薬品
住所 筑後市西牟田4330-1(マミーズ西牟田店内)
駐車場
TEL ☎ 0942-53-6628
営業時間 10:00〜21:00
受付時間 ご相談は11:00〜20:00
定休日 年中無休
ホームページ http://www007.upp.so-net.ne.jp/mizumayakuhin/funin2.htm
ブログ http://mizumayakuhin.blogspot.jp/
QRコード

ホームページ

ブログ

MAP
その他オススメのお店