株式会社アビックス

  • #住まい
  • #ショップ
久留米市安武町安武本3330-8
0942-27-2733
住まい「家」に合わせるのではなく、それぞれの暮らし
「人」に寄り添う、“片付く仕組み”が備わった家づくりを
今年の1〜3月号での連載記事「暮らしを豊かにしてくれる 片付く仕組み」でお馴染みとなった小幡嘉代さん。コロナ禍でお家時間も増えて求められるようになった、快適な暮らしへの取り組みに、多くの方に共感いただきました。今回も、相談が増えている“片付け”についてお話を伺います。

ー 連載記事は、読者アンケートでも好評でした。ご協力ありがとうございました。

 こちらこそありがとうございました。これまでは、紹介のみの相談・依頼でしたが、記事を読んでインスタのフォロワーさんが増えたり、リノベーションの依頼があったりと、多くの方が“片付け”に関心や悩みを持っていることを知りました。そんな悩みが増えたのも、コロナ禍でステイホームが新しい常態となり、住まいが見直されているから。これまでは、家は帰ってきて休息する場所でしたが、今では仕事をする、趣味を楽しむ、子供と遊ぶなど、みなさんがより多くの時間を過ごす場所となり「片付けやすい住まい」が求められているのだと思います。
 
ー 片付けは難しいですよね。 

 お家時間が増えて、断捨離をされる方が増えました。確かに片付けは、ある程度処分が必要ですが、捨てることだけが目的になると、「捨てたくないから片付けを止めた」と言う話も良く聞きます。その気持ちすごく、すごく分かります。物に思い出もあれば、いつか使うかも…という気持ちは、私にもあります。“取って置く”という選択があっても良いのです。大切なのは物を“仕分け”すること。そして、どう収納していくか。そのために、お客様にたくさんお話を伺い、気持ちに寄り添うようにしています。
 最近は、キッチンやリビングのみなどのプチリノベーションや、中古住宅を購入してのリノベーションの場合も、まずは片付けに入らせていただくことが増えました。物を仕分け、処分して、必要な物の内容と量を把握した後に、収納計画を立ててから、リノベーションの提案をしています。

ー リノベーションとリフォームの違いは?

 リフォーム=老朽化した所を新しい状態に戻す。リノベーション=新たな機能・付加価値を付け、元の状態より良くすることです。
 私も、約1年前に築17年の中古マンションを購入し、“私らしい暮らし”をするためにリノベーションしました。防災士でもある私の暮らしは備蓄品もあるので、収納スペースが必要、生活導線や収納計画も私が考えた物にしたい。そして、大好きな北欧家具やインテリア、雑貨たちとの暮らしも叶えたくて、自身でデザイン・施工しました。

ー リノベーションの良さとは?

 どんな生活リズムでも、暮らしやすく、ストレスフリーになることです。家族のライフスタイル、例えば生活の時間が異なることも、間取りや収納を工夫することで解消できます。同じクローゼットを別の部屋からも出し入れでき、寝ている家族を起こすことなく家事をスムーズにできる。ちょっとした工夫で、格段に暮らしやすくなります。

ー ご自宅をモデルルームにしているとか。

 一般的なモデルルームは、オシャレな家具や照明、わずかな食器が収納されていることが多いように思います。でも、そんな雰囲気に憧れて住まいづくりをされた方から、「実際に暮らしてみると、片付かない…」という声を良く聞きます。なぜ、そうなるのでしょう。生活に必要な物の量に対して、収納が足りないこともありますが、大切なのは、物を置いても散らからない、素敵な空間をキープできる「片付く仕組み」です。
 そのことを分かりやすくお伝えできるように、私が暮らしているリノベーションした住まいをモデルルームとして公開しています。収納や家事動線、造作だからこそできる使いやすいキッチンカウンター、洗面台、家具もご覧いただけます。

ー どんな相談や依頼が多いですか?

 これまでは、水回りなど設備面の老朽化と近い時期となる、お子様が巣立って夫婦での暮らしが始まるタイミングでの依頼がほとんどでしたが、今は「収納」についての相談が多いです。
 収納と言っても、家族構成やライフスタイルによって様々。新築やリフォームをして収納が増えても、片付くまでに時間が掛かり、楽しみにしていた新しい暮らしのスタート時点で疲れてしまう。広い収納が、逆に散らかる原因になることもあります。
 そこで、私のようなリノベーションデザイナーが提案するのは、収納のトリセツ(取扱説明書)がある家。どこに置こうかと悩むことがない。片付けのストレスがない。投げ込むだけで片付いてるいる。「片付く仕組み」が備わった家が、後悔しないリノベーションに繋がるのです。

ー 所属されている「OSAMARU住まい研究所」とは?

 私は不器用なので、子育て時代の暮らしは、散らかっていました。頑張っても、片付かない…。それって実は、収納や間取りに問題があることに気付きました。頑張らなくても「片付く仕組み」。今も昔も、いかに家事がラクになるかを研究することが、私の原点なのかもしれません。
 そんな私の活動の1つ、子育てや介護を経験した、住宅収納スペシャリストの女性たちの研究所です。物が収まると、暮らしが丸ごと「OSAMARU」、ずっと片付けやすい住まいとなります。お客様と工務店の間に入り、収納計画の備わった間取りや生活動線まで提案させていただいています。
 これからも女性だからこそできる、ご家族様それぞれのライフスタイルにあった暮らし+キレイを提案できるように、研究し続け、生涯寄り添える“暮らしの良きパートナー”としていられたらと思います。
 “片付け”でお悩みの方は、気軽にご相談下さい。私と一緒に“暮らし”が変わる大きな一歩を踏み出してみませんか?
最終更新日:2021/06/11※お店の情報は、anapple掲載時の内容です。最新の情報はお店にお問い合わせ下さい。
基本データ
登録日 : 2020年12月11日
店舗名 株式会社アビックス
住所 久留米市安武町安武本3330-8
TEL ☎ 0942-27-2733
ホームページ https://www.vix-jp.com/
小幡嘉代さんのInstagram https://www.instagram.com/k.home_k.life/
QRコード

ホームページ

小幡嘉代さんのInstagram

OSAMARU住まい研究所

MAP
その他オススメのお店